静岡市からの引越し見積もり|安くする方法

静岡市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、静岡市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

静岡市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

静岡市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

静岡市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、静岡市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越し業者の料金なんですけれど、見積をしてから引越し業者を選んでます?先に見積もりをもらって比べてから、引越し会社を検討するのがいいと思います。引越しはそうめったにしないですから、料金なんかもわからないですよね。引越しの見積もりによって、安く引越しできる業者はどこか、どんなサービス内容になっているのか、比較することができます。事前に見積もりをするのは、ふつうどこの業者でもそうしています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、引越し業者に連絡をして、見積もりに来てもらう日時を決めます。約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。引越し見積もりの計算のやりかたは、だいたいの業者が同じようなものかと思いますが、荷物全体の容積を計算するとともに、大きな荷物があれば、搬出、搬入の方法も確認します。さらには引越し先の距離や引越し先での荷物の搬入のしやすさなども引越しの見積もりの金額に関係すると思います。見積書を受け取ったら、それによって比較検討をするのですが、数社見積もりをしてもらうことで、同じようなサービスであっても金額によって業者を選ぶということになると思いますし、価格が同じくらいだった場合、対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、引越し見積もりは比較をして選ぶことで、安くてサービスもよい引越し会社を選ぶことができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金って業者によってけっこう違うんですよ。引越しの見積もり比較では、どんなところに注目をしてみるとよいかということですが、見積の比較というとまずは金額を比べるのは価格以外のサービスの面でも比べておくことが大切なことです。というのは、何社かから見積もりを出してもらったら、引越しプランが同じ場合でも、ダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、布団袋とかハンガーボックスがあるかとか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比較する場合にはチェックポイントになります。業者によって、引越しの見積もりをすると、何かプレゼント特典があるとか、サービスを行っているところもありますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりをする場合には、ほかにも数社に引越しの見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、どの引越し業者が値段的に安いのか、サービス面ではどこがよいのかといったことが、明確にわかってくると思います。そういうわけで、引越しの見積もりは1社だけではなくて、何社が比べてみると、どこに頼むのがよいのかわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金はどのように計算されているかということですが、引越し業者の料金はどんなふうにきめているかといいますと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。はじめに引越し料金の中の運送費ですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要かどのくらいの作業時間で終わる引越しか引越し先とはどのくらい離れているのかで引越し料金の価格は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は高い価格になりますし、さらに、使用する台数が多くなるほど引越し料金は高くなりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高い価格になりますし、その他人件費についてですが、これは引越し会社の作業員のことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。さらに引越しの梱包費と交通費ですが、梱包費は主に、梱包のための材料費であるとか梱包作業になります。交通費に関しては高速料金などですから使わなければ必要ありません。もう一つ保険料に関しましては引越し業者によって無い場合もあるようです。荷物が破損したりなどがあった場合に、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますから3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。これは、自分の連絡先やその他引越し先など必要事項を入力すると入力作業は一度だけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなか大変ですが、一度に沢山の引越し業者の見積もりがわかるとあって最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。しかしなたら、オンラインの見積もりはおおまかな概算がわかる程度のもので、正式に引越し料金を見積もりしてもらうには、実際の荷物や搬出経路などを確認して、荷物の容積や作業量を計算して見積もることになります。オンライン見積もりのよい点というのは、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、各社の見積もり内容を比べることができるということです。多くの引越し業者の見積もりを比べることで一番お得に引越しができる業者がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってけっこう差がありますから、利用をする価値があるシステムではないでしょうか。

 

■引越し業者の種類
引越し業者ってどこに頼んだら一番よいのでしょう?引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり大手企業以外にも、中堅、中小の引越し業者もたくさんあります。その他にも、軽貨物運送業者もあると思います。そのように多くの業者が引越し業社にはありますがどの引越し会社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。例えば一人暮らしで荷物がすくない引越しで、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。こういったケースですと、家具の運搬などもないわけですから、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。同じように、独身者の転勤などの場合でも、多くの運送業者で単身用の引越しサービスが用意されていますので、そちらを依頼すればスムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し会社を選ぶには自分の荷物の量や内容などに合わせて決めるのがよいのではないでしょうか。引越し業社を選ぶときには、数社から見積書を出してもらうようにして、引越し業社を種類によって選んだりサービス内容についても違いを確認して、一番お得な会社に依頼するのがよいですね。

 

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、自分の引越しがどんな内容かによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、家族で引越しをする場合には、家族の人数が多くなればそれだけ荷物も多くなると思いますので、当然、引越しの作業量も増えることになります。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族で引越しをする場合には、人手があるのかないのかで、引越し業者を選ぶという方法があります。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、高齢のお年寄りがいる家族の引越しでは、子供や、お年寄りの荷物の荷造りもしなければなりませんし、家族も仕事が忙しい場合では、夜や休日など、仕事が終わってから引越しの準備をするわけで、なかなか時間がないのが普通でしょう。そのような場合には、梱包作業から全部請負ますというような、荷物の梱包など準備から引越し業者がやってくれるようなサービスがある引越し会社とそのサービスパックを選べば、少し料金は高くなりますが、助かるのではないでしょうか。また、単身での引越しの場合では、荷物が少ないですから引っ越しの準備といってもそれほど多くないですし、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べば料金も安いですし、てっとり早くてよいのではないでしょうか。家族の引越しと違って、単身引っ越しはわりと簡単ですから、単身パックのようなものを使って、てっとり早く引越しも終わると思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?これから引越しを考えている人にとってはとても役に立つものではないかと思います。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、安心して引越しを任せることができます。このランキングは、どこで掲載されているかというといわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトでランキングが掲載されています。いろいろなランキングがあったりして、価格の安いランキングですとか、営業や、サービス対応がよい業者の評価や、引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、実際の作業の質に対する評価によって、ポイントが高い業者順にランク付けされています。今、引越しの予定があって、計画をしている人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いと思いますけれど、そういった場合には、引越し業者ランキングを見ておけば信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。引越し業者のランキングや口コミというのは、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、引越し業者選びで失敗をしてしまわないために、見ておきたいものだと思います。

 

■単身引越し
単身での引越しには単身引越し向けのサービス商品があります。独身者や学生の一人暮らしの引越しの場合は、家族で引越しをする場合とは、また違ったものになります。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。なので、単身の場合は、家族引越し向けのサービスにあるようなダンボールを必要なだけ無料サービスといったこともそれほど必要としないかもしれません。それよりも、引越し作業の価格をもっと安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスを行っているプランが一般的です。単身の引越しには単身の人の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しのプランを探して引越しをしたほうがお得な料金になっていることも多いですし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者でやっていると思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、これが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてそれほど料金も高くならないでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというサービスは各引越し業者が用意しているプランですが、商品名ですとかサービス内容もそれぞれの業者で違うかもしれませんが例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日通ではゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターではおまかせコースという商品名だったはず。引越し業者のスタッフが荷物の梱包から荷物の搬出から搬入まで荷解きもすべてやってもらえるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービス内容になっているのが、らくらくパックというものです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、梱包する前の荷物の整理や仕分けなどについては、こちらでやらなければならないことですね。引越しのらくらくパックのサービスで、梱包の解体をしてくれる引越会社の場合でも荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、すべてをやってくれるというわけではありません。まあそれでも基本プランと比較すると少し費用は掛かると思いますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので引越しの際の負担が減ると思います。小さな子供がいる人などは思うように準備もできないものですから引越しのらくらくパックで引越するのが利用価値はあるのではないでしょうか。

 

 

静岡市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、静岡市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
自分で引越しをやってしまおうと考えている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。自分で引越しをやってしまうことの、いいところやそうでもないところ、それについてちょっと書いてみたいと思います。なんといっても、自分で引越しをすることのメリットは当然ですけど、引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、それだけ引越しにかかるお金が少なくてすみます。また、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者に頼むと、初めて会う引越し屋さんの作業員に、作業の指示などをしたり、自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、神経質な人は気分が疲れてしまうかもしれません。引越し業者を使わずに自分ですれば、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、楽しいというメリットもあります。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところは後で考えてみると、引越し業者に頼むより高くついてしまったということになってしまうかもしれません。例えば、作業を手伝ってもらった友達に、それなりに食事をおごったりしますし、レンタカーを借りたりして、結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかということは多いようです。その他にも、引越しを自分で行うときには、専門のスタッフのように、それを専門にやっているわけではありませんので、引っ越し作業については素人ですから、家具を傷つけたり、色々とも問題が出てくる可能性があります。なので、引っ越しを自分ですることは安く済む場合もありますが逆に高くついてしまうこともありますから、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

■引越しの手順
引越しはそう頻繁にするわけでないのでよくわからないですよね。気持ちばかりが焦ってしまうかもしれませんが、ドタバタになってしまわないために大切なポイントというものはあります。引越しの日取りを決めて、引越しまでの段取りをしていくことなど、計画をしっかりとやっておくことが引越しをスムーズに終わらせるためには大切なことです。引越しの手順をわきまえれば無駄なお金や時間を使わずに、引越しをスムーズに行うことができると思います。そんなわけで、引越しの予定ができたら、まず引越しのプランを立てるということです。引越し予定日をいつにするのか、それから引越し業者も決めておかなければなりません。何時くらいから始めるかとか時間も決めておかなければなりません。引越しのプランをしっかりと立てることで引越しが上手く完了するかどうかはかかっているのではないでしょうか。引越しのプランが立てられたら次は、すぐに荷造りではなくて、その前に、必要な荷物と持っていかないものを分けて必要ないものは処分する荷物を減らすことが必要です。ある程度荷物の処分ができれば荷造りもスムーズになります。いらないものを処分してから始めないと、荷物の整理をしながら荷造りをしますから時間がかかってしまいますね。スムーズに引越しの荷造りをする場合にはある程度のいらないものを処分することが大切です。それから、引越し当日は、荷物を運び出して、新しい家に運んで引っ越し後の荷物の整理といった感じで作業は進められますが、その他にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先への挨拶など引越しの手順はなかなか大変です。

 

■引越しの計画
引越しを上手く終わらすためには、しっかりと計画をしておくことが一番重要ということができます。この引越しの計画をしっかり立てておかないと上手く引越し作業を進めることができません。段取りよく引越しをやってしまうためにも、先に引越しの計画をしっかり立てましょう。例えば、何月何日に引越しをするか決めるにも、引越しの時期というのも関係してきます。春先の月月は転職や入学、就職シーズンですから一番引越しの多い時期ですから、引越し料金の金額も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり希望の日に引越し業者を手配できないもともあります。そういうこともあり、引越しの予定はなるべく早めに決めておいて繁忙期を避けるほうがいいかもしれません。また時間によっても変わります。引越し作業をする時間は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど料金は安くなるといわれていますから、引越しの計画をする場合には、遅い時間に予定してみるのもよいかもしれません。ある程度の引越しの計画ができたら、まずは引越し会社を数社選んで引越し料金の見積もりを依頼してみましょう。引越しの見積もりが終わって比べることで引越し業者も決まると思いますから、大まかな引越しの計画が出来上がると思います。引越しを依頼する会社と日が決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物は極力少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは荷物を整理する絶好のチャンスでもあります。そして、引越しの荷物を荷造りする前に、引越しの荷物のある程度の整理をあらかじめしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。最初は、洋服をまずは仕分しましょう。めったにしか着ないもう着ない洋服を整理してしまうことで荷造り作業もはかどると思います。そして引越しの準備をしながら不用品も出てくるかもしれません、どう処分をするのがいいか決めます。例えばリサイクルショップにもって行くのか、大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についても準備をしてておけば引越しが近くなってもあわてなくてすむと思います。電化製品などの場合には、リサイクル法で処分方法が決められている場合がありますから、もって行く電化製品、必要のない電化製品などの仕分も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りを始める前に荷物の整理をしておくと荷物が少なくなった分だけ、少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しをすることになったら、できればすぐにでも、持っていくものをある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りの注意点としては梱包方法に気をつけましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包をする場合には、ふさわしい方法が梱包するものそれぞれのによってありますから、それに合った方法で梱包します。皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者と一緒に行う場合には割れ物は出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方も違いますからそれにふさわしい梱包をしてもらうことがプロなら出来ると思います。自分で食器の梱包をする場合では古新聞で包むといいですね。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くしてしまったら自分の宝物や貴重品などは自分で持って行ったほうがいいと思います。例えば高価な宝石や貴金属、実印や預金通帳などもちろん現金もそうです不動産関係の書類などは自分で持って行った方がよいものになります。荷物を運び込んだ後のためにも何が梱包されているかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、どこに運び込むものかを書いておくとスムーズに運べるコツですね。

 

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しをするために準備しておくものについてですが、準備と言えば、荷造りからなわけですが、やはり、誰でもまずダンボールは必要だと思うでしょう。もちろん、ダンボールは引越しにはなくてはならないものですが、もちろん、それも、人によって違いがあるかとは思いますが、だいたい人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかと言われていますから、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや引越しをする前に、必要なだけ無料サービスしてくれますので、自分で用意をする必要はないとおもいます。そして引越しの梱包に必要なグッズとして、プチプチシートとかそういったものも必要です。これもわりとくれる引越し業者が多いですし、食器や壊れ物を包むときに使用しましょう。ワレモノの梱包には、その他にも、新聞紙も必要になります。新聞紙は、ワレモノ以外にもいろいろ使えますので、ちょっと多めに用意しておいてもよいかもしれませんね。あとは、ガムテープやひもなどももちろん引越しの荷造りには欠かせません。また、荷造りにはカッターナイフやハサミなどの刃物や、軍手もあると便利です。それから、ダンボール箱など荷物に引越し先のどの部屋に置くのかということを書くためにマジックインキがあったほうがよいですね。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越しの際に防震グッズを設置してくれるサービスが用意されている業者も多くあります。地震対策のためのいろいろなグッズなども引越業者によって準備しています。例として、引越した家に家具を配置した後に地震で家具が倒れないようにする転倒防止のためのグッズもあれば、家具の配置を行う場所に下に免震用のシートを入れておくという方法もあります。家具の運搬、設置が終わってしまってから、そういったものを下に敷こうというのは大変です。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、引越し業者のサービスを利用すれば、引越のついでに、業者の人にやってもらえるわけですので、便利で楽です。このようなサービスは、それぞれの引越し業者によってもやってくれることに違いがありますし、対策費用にも違いがあるのではないかと思います。引越し会社のホームページなどで確認してみると地震対策のオプションや方法、料金などが、それについて説明があると思いますので、そちらを参考にして違いを比べてみるのがよいかと思います。引越の際に地震対策もやっておくということは、とてもよいことではないかと思います。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

■引越しの各種手続き
これから引越しをする場合、電気水道ガスなどライフラインの手続きについて紹介したいと思います。はじめに、引越しをする場合には、電話番号は変更になりますから、引越しをする前に116番に連絡をして、電話の引越しについて、手続きをすましておきます。電力については、電力会社のホームページなどに引越し手続きの窓口が書いてあるので連絡して、引越しをする日で止めてもらうようにします。新居の方の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。ガスについても同様に、引越しをする日から週間くらい前までに連絡をして起きます。新しい住所のほうでには、引越しをしたらすぐにガスが使えるように、連絡して手続きをすると引越し当日に係員が着ますから検針してからガスが使えるようにしてもらいます。引越しをする場合の水道の手続きは電気やガスと同じく、引越し前に、引越しをすることを連絡しておきます。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。だいたい引越しの際の手続きはこんなもんですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には賃貸不動産物件によっては手続きが不要で、特に自分で連絡する必要がないということもありますので、また、新築物件などに引越しをする場合にはこれらの他にも必要な手続きをしておかなければいけない場合もあり、不動産業者やライフラインの窓口で個々に確認をしておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引っ越しの際の手続きもいろいろあって忘れないようにしなければいけませんね。住民票の移動など、役所に関わる手続きの他にも、例えば、新聞を購読していた場合には、その他にも、銀行などの住所変更をしておくこともまた、自動車保険や生命保険にも入っていると思いますが、住所変更の手続きをしておかなければなりません。保険と、言いましても、だいたいは生命保険や自動車保険ですけれど、ガン保険とか、養老保険とかいろいろあったりしますので、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。そして、郵便局にも手続きをしておかなければいけませんね。郵便局に行くと用紙がありますので、転居届を出しておくと、引越し前の住所に郵便物が送られてきたら、一年間、自動的に新しい住所に配達するようにしてくれますので、これも、とても大切な手続きですから忘れずやっておきましょう。他にも、携帯電話なども住所変更が必要ですし、インターネット回線も事前に引っ越しの手続きをしておけば、入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。

 

■静岡市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
静岡市役所静岡庁舎  〒420-8602 静岡市葵区追手町5番1号
電話: 054-254-2111

 

静岡市役所清水庁舎 〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号
電話: 054-354-2111

 

 

【電力】
中部電力窓口
静岡市
葵区、駿河区 静岡営業所 0120-985-210
清水区 清水営業所 0120-985-220
月曜日〜金曜日:9時〜20時
土曜日:9時〜17時
(日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)は休み。)

 

【ガス】
静岡ガスエネルギー
静岡営業所 054-285-2221
静岡市葵区、駿河区

 

清水サービスステーション 054-365-1547
静岡市清水区

 

富士川サービスステーション 054-385-6562
静岡市清水区蒲原、静岡市清水区由比

 

【水道】
静岡市上下水道お客様サービスセンター
電話:054−355−1320
受付時間
月〜金曜日 8:30〜19:00
(土・日・祝日・年末年始は除きます。)
※3・4月は土・日・祝日の8:30〜17:00も受け付けます。

 

 

静岡市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、静岡市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

 

■引越し当日
引越し当日の作業については、引越し業者の人が主にやってくれますが、自分たちは、全部おまかせで何もしなくていいわけでもないです。もちろん、引越し業者に適切に指示をすることで、引越しがスムーズに進みます。例えば大きな家具などは前もって、配置図を引越し業者に渡しておくとスムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、また、配置図まではつくっておかなかったとしても、作業をすながら適切に指示をしてあげれば引越しがスムーズに進みます。引越しの当日は作業が無駄なく進むように、作業前を始めるに、当日のだいたいの時間的な予定の確認、引越し業者のトラックの駐車場所などの確認をしておけば引越し作業もはかどると思います。もしも特殊な物の搬送がある場合には、前もって引越し業者に聞いておいてその引越し業者で運べない場合は、別の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しをする前に頼んでおかなければなりません。引越しの当日は運んでもらえばそれで終わりだと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、引越しの当日も引越し業者にいろいろと指示を出したりといったように、引越しがスムーズに終わるように依頼する側も引越し会社の作業員のお手伝いもしなければいけないので色々とすることはたくさんあります。

 

■荷物の破損や紛失
引越をしている時に荷物を傷つけてしまったり、無くしてしまったりということですが、引越作業中に考えられるトラブルとして荷物が破損していたり、紛失してしまったりとかはよく聞いたりすることはあります。引越しのスタッフも当然、社員教育や訓練がされているわけですから、荷物を運んだりする作業には、荷物を傷つけてしまったり、無くしてしまうのは防がなければならないことですから、後でトラブルになってしまうことを防ぐため、しっかりとチェックをしておくことと、トラブルが起きた場合についてのことを引越業者に確認をしておくことは必要なことではないでしょうか。大切な家具などについては傷など作業前にチェックしておく必要がありますし、家具などを運ぶ場合にも、立ち会っておくと安心です。そして、引越し先が新しい家の場合には、引越しの前に傷を確認しておいて、引越し前から傷のあるところは後でわかるようにチェックしておきます。家具などを新居に運んでから壊れていたり傷ついていたりしたら、その場で、引越業者に言うことが必要です。運搬作業中などに傷をつけたり破損したもので引越し業者側に原因があった場合には一年以内の場合は保証をしてくれると思います。引越をする場合は、このような問題も起こることがありますので、なるべくはトラブルにならないように運ぶ前の荷物の状態などチェックしておきましょう。

 

■積み残し
引越の際の、荷物の積み残しのトラブルに関してですが、荷物の積み残しが起きてしまうことはけっこう起こり得る問題になっています。その理由として、最近では、インターネットでの見積もりが一般的になっており理由になっていることが多いみたいです。なぜオンライン見積もりと荷物の積み残しの原因となるのかということですが、自分で荷物の種類や数を入力すると記入漏れがあることも多く配車された引越業者のトラックに載せきれなくて、積み残しが起きてしまうケースが多いようです。もしも引越しの当日に積み残しになってしまったときには別料金が取られてしまうこともありますから、見積もりをしてもらったら、契約をする前に、もし、積み残しになってしまったらどうなるのかについてきいておくとトラブルになりにくいでしょう。業者が実際の荷物を確認して見積もりをして、当日、荷物を積み残してしまったということならそれは引越し業者が対処をする必要がありますので、それは連絡をして何とかしてもらうのがいいと思います。積み残しの問題はありがちではありますが、それで業者とのトラブルになるならそれは悪質な引越し業者であったのかもしれませんね。良心的で一般的な引越し業者の場合にはそういった問題にも慣れているので、何らかの方法ですぐに対処してくれるでしょう。

 

 

■追加料金
引越業者に作業を依頼する場合、追加料金は通常は、発生することはないはずです。見積もり、契約をした時点で決めて契約をした料金が全てです。ですから引越しの当日に別途、追加の費用が発生するということは、あまりありません。しかし、発生するケースとして見積もりをしているときの荷物や引越し先での搬入のしやすさなどの条件が見積もりの根拠となる条件と違う場合では追加料金が発生する場合があります。見積もり時に確認した内容と違い引越しの荷物の量が多くてトラックに積めないといった場合には、さらに往復をしたり、別のトラックと運転手を手配して運ぶなどして荷物の運搬をすることになります。正確な情報を見積もりの際に自分が伝えなかったことが原因で当日このような問題が発生してしまったら、引越しの追加料金が発生しても仕方ないと思います。また引越しの当日に引越し業者が家に行ったときに、まだ、荷造りができていなかったりして、引越し業者がほとんど手伝ってしまった場合などでもそのための料金が追加されることもあります。そのようにどういう場合追加料金が必要か見積もりの際には確認しておく必要もあります。引越の当日になって問題を起こさないためにも、追加料金がかからないためにも、引越しの準備は前日までに終えておくようにしましょう。

 

■引越しのあいさつ
引越しの挨拶について紹介したいと思います。引越をするときには、今まで住んでいた近所の人への挨拶は引越しの日までに終わらせておきましょう。引越の予定を伝えて、引越をする日には、ご迷惑おかけしますと一言伝えておくと感じがいいと思います。引越の挨拶をする意味としては、お世話になったお礼というのもあるのですが、当日に、引越し作業などで騒がしく、迷惑をかけることもあり、賃貸のマンションなどに住んでいた場合であれば、管理人さんや大屋さんにも挨拶は当然必要です。一般的には、円以内くらいで何か挨拶のものを持っていくといいですね。また、引越先への挨拶は、両隣のお宅には、荷物を運び込む前にご挨拶をするのが礼儀です。引越し先がマンションの場合には、お隣だけでなく上下の部屋の人にも挨拶をしに行くのがいいですね。引越し先が、賃貸のマンションやアパートでしたら、管理人さんや大家さんにも挨拶をしておくことが必要です。引越の挨拶の品としては、洗剤や石鹸など邪魔にならないようなものがよいです。最近は、わりと、引越してきても挨拶は別にすることもなく引越をして住んでいる人も多いみたいですが、引越しをする前にも別に挨拶はしないで荷物の搬入を始める人もいるようですが、ふつう引越をしていく場合には、挨拶をしておくのが礼儀です。

 

 

静岡市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
静岡市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、静岡市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド